交通事故で弁護士に相談するメリットは?

交通事故で弁護士に相談するメリットは?

弁護士さんというのは様々な場面で頼りになりますが、特に交通事故が起きてしまった際には交通事故を専門に扱っているような弁護士さんをはじめ、事故に詳しい知識を持っている弁護士さんを見つけると良いです。
単純に双方の保険会社を通じて話をしているよりも専門家に相談することでどのようなメリットがあるのかを考えた場合、まず第1に先方は適当な言動ができなくなるというのが1番です。
これは加害者本人をはじめとして、加害者が加入している保険会社や医療機関に至るまで全てで適当な言動ができなくなります。

支払に関してもしっかりと被害者が納得するまで話し合いが行わなくてはならず、強引に示談に持ち込んだりすることは一切できません。
また医療機関に関しても、適切な検査を行ったかどうか、そして必要な治療が徹底的に行ったかどうかなどについて調査が入れば適当なことをしていると自分たちの病院が困ることになるため、後遺症認定などを行っていく中でも必要な検査などをしっかりと行ってくれます。
その結果、被害者としては後遺症認定が行われたり、さらには保険会社の対応が良くとてもスムーズに示談までがまとまるといったメリットがあります。

支払われる保障金についても大きな違いがある

事故で弁護士さんにお願いすることによってのメリットは上記した以外にも考えられます。
それはどんなことかというと、慰謝料について計算する上で保険会社が計算する方法よりも弁護士さんが計算する方法の基準の方が高くなっていることが挙げられます。
弁護士基準というのは毎年発表されているものと2年に一度発表されているものがありますが、どちらの場合であっても、赤い本青い本と呼ばれ、このような本を基準に算出が行われることになっています。

保険会社の場合であっても一律でそれぞれの会社で決められた保障金を決めることになっていますが、やはり弁護士の算出方法に比べると低いため少しでも多くの慰謝料を受け取りたいと思っている場合にもやはりお願いすると良いでしょう。

参考:宇都宮の交通事故弁護士なら宇都宮東法律事務所

示談交渉がうまく進まないのは、多くの場合で、慰謝料について納得がいかないケースや後遺症認定が行われないといったケースになりますが、このような場面で非常に頼りになります。

後遺症に関しても詳しい知識を持っていることが多い

交通事故による後遺症というのは非常に様々なものが考えられています。
中でも、むちうちに関しては後遺症にならないという認識や、一般的に発表されている行為障害でなければ認められないと思っている被害者の方もいるようですが、近年では高次脳機能障害をはじめとしてRSD など、以前は後遺症として認められていなかったものまで後遺症の仲間入りをする事が増えてきています。
このような部分について保険会社スタッフや医療機関というのら可能な限り口にしない可能性が高いので、被害者としては最終的に損をすることが考えられます。
そこで詳しい知識を持つ専門家に色々な相談をすることで上記したような部分での後遺症についての懸念を考えてくれたり、提示してくれたりするため、その結果適切な検査を受けて後遺症認定が行われ、逸失利益や莫大な慰謝料が受け取れるという可能性もあります。

また自分自身が加害者になってしまった場合であっても被害者側から不当な請求が行われるといった懸念を防ぐため、弁護士さんに相談するというのも一つの方法となります。
特には保険の状態で交通事故の加害者になってしまうと、どれだけの費用を支払わなくてはならないのか、わからなくなってしまうため被害者の言いなりになってしまう加害者もいますが、専門家の話を聞きながら示談を進めることで必要以上のお金を支払う必要がなく、適切な保障をするだけで済むケースがあります。

交通事故を起こしたら免許取れないの?

交通事故の加害者になった際には事故当時自分自身がどのような運転をしていたのかによって免許証からの減点がなどが決まってきます。
しかし、必ずしも減点のみで済むわけではなく、重大な過失があると認められたケースやあまりにも危険な運転をしていたと判断されるケースでは、免許取り消し処分になってしまうことがあります。
またこの他にも既に他の違反などがあり、いくつもの違反で減点されている状態で事故を起こすと、交通事故による減点そのものはさほど多くなくても、最終的には累計点数が免許取り消しの点数に達してしまうことがあるため、このようなケースでも取り消し処分となり自動車の運転をすることはできません。

どんなときに免許取り消しになるか

まずどのようなケースで免許取り消しになってしまうのかについてですが、運転をしている中で認知症であることが、かったといったケースでは、今後の運転が危ないので取り消しになってしまいます。
またこのほか、今後の運転に対して極端に視力が低下していて見えないという場合や両方の肘関節以上しててしまいハンドルを握ることができないといった場合にも免許証の取り消しとなります。

さらには、麻薬や覚せい剤、その他アルコール中毒と診断されたケースでも取り消しとなり、このほかには業務上過失致死傷や故意的に誰かを致傷してしまったり、故意的に建物を壊してしまった場合にも免許取り消し処分となります。
このほか、酒酔い運転をしたケースや交通事故の加害者となった際に被害者の救護などせず警察にも連絡もしないでひき逃げをしたといった場合に取り消しとなります。

取り消しの期間について

免許取り消しの期間についてはどのような形で取り消しに至ったのかという理由によって変わってきます。
違反行為が重なり最終的に免許の取り消しになる場合と、悪質な運転を行っており、交通事故によって一発面取になってしまうケースとでは欠格期間が違います。

前述の違反点数が累計となり交通事故にあって最終的に免取りになるケースでは前科もなく違反点数も少ない場合には1年から5年となっています。
また前歴があればあるほど一度に限定される点数も多くなりますから、例えば前歴が3回以上あり累計された違反行為によって免許停止となってしまう場合と、前歴がなく免許停止になってしまう場合では同じ欠格期間は5年でも、内訳の点数に大きな違いがあります。

さらに、特定違反行為とされているような故意的に誰かを致傷させたり建物を破壊する。その他にも酒酔い運転をするなどの場合の、欠格期間はとても長いものとなっており、初めての状態でも最低3年間となっています。
特に悪質だと思われるケースでは前歴がなくても最長10年の欠格期間が設けられており、前歴が3回以上ある人の場合には4回目以降の免許取り消しによる欠格期間が最低でも6年以上となっています。
このようにそれぞれで欠格期間が定められているため、この欠格期間を過ぎなければ改めて免許の取得することができます。

欠格期間中に運転すれば無免許運転

当然のことですが、交通事故によってどのような形であれ、免許取り消し処分となった場合には、欠格期間中は無免許ということになります。
そのため、自分自身は車の運転ができるからと車に乗ってしまうようなことがあれば無免許運転で取り締まりが行われることになり、さらに長期間免許の取得ができないことや、無免許運転による罰則金などを支払わなくてはなりませんから、絶対に運転をするべきではないでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ