事故の患者は病院で煙たがられるの?

交通事故が起きてしまえば、加害者であっても被害者であってもある程度の怪我をすることが想定できます。
怪我そのものがどのような状態であっても病院に行くことがとても重要になるのですが、交通事故の患者というのは病院から嫌われたり煙たがられたりするといった話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
また交通事故の患者が病院で保険が使えないという話を耳にして、この話を鵜呑みにしている人もいるようです。

まず保険に関しては、交通事故だからという理由で使えないことはありません。
保険がしっかりと使えますので、万が一窓口で使えないと言われた場合にはそんな決まりはないはずだということを強く伝えて保険を使用した上での治療を受けるようにしましょう。
また保険会社から医療機関側に支払いが行われることが分かっているのであれば、保険会社からあらかじめ病院側に話をしてもらい窓口での支払いは全く無い状態で通うことができます。

なぜ事故の患者は嫌われるのか

上でも少し触れたように交通事故の患者が病院から煙たがられたり嫌われたりするという話を耳にする人はたくさんいます。
また医療機関側としても実際にけむたいと思っていたりすることもあるようです。
しかしそれはあくまでも医療機関側の勝手な言い分であるため、被害者や加害者どちらの場合であっても患者としては全く気にする必要がありません。
なぜなのかというのは一般的に交通事故での感謝というのは治療費をはじめとして手術が必要になる費用についても、保険会社側から支払われることになっていますので、そもそもは窓口での支払いが保険会社を通じて後回しになるため、病院側としては面倒に感じたり、目先の売上ばかりを気にする医師の側には、こうした部分からも煙たいと思ったりすることがあるようです。

もちろんこうした部分は完全に全く関係のないことですから気にせずどんどん病院には通った方が良いでしょう。
また交通事故による患者というのは出来る限り治療期間を長引かせたいと思う気持ちがあるため大して痛くなくても痛いと強く訴えかけたりする事があり、このような部分でも医師は面倒に感じたりすることがあるようです。
しかしこれに関してもやはり間者としては医療機関側に気を使うような必要はなく、自分が満足するまでしっかりと通うことが大切になります。

様々な検査を面倒に感じる医療機関もある

上記のように医療機関側から交通事故の患者が煙たがられるというのはあくまでも医療機関側の勝手な言い分になるのですが、上で説明した以外にも後遺症認定などを行う際にとてもたくさんの検査を行わなくてはならず、このような部分でコストや時間がかかるため、面倒くさいと思う医療機関もあるようです。
ここに関しても被害者、加害者に関わらず会社としては適切な検査を受けるのが当たり前のことですから、医療機関側に気を遣う必要は一切ありません。
万が一必要な検査などをしてくれず、症状固定と言われてしまった場合には改めて弁護士を立てて検査の必要性を検討しますと言ってみると良いです。
自信を持って検査をした医師であればどうぞと言いますが、自分が手抜きをしている医師の場合には弁護士さんを建てる前の段階で徹底的な検査が行ってくれるようなケースもあります。

こうした部分では医師の勝手なやり方に患者は巻き込まれなければならないのですが、それでも医師の診断や検査内容に納得がいかなければ弁護士を立てて、本当に必要な検査が行われたのかと言う部分や後遺症認定が行われるかどうかについても検証していく必要があります。
その結果後遺症認定が行われたという人や治療期間を延長してもらえたという人もたくさんいるようです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ