交通事故の加害者が無免許だった

交通事故の加害者が無免許運転だった場合には誰が責任を取ってくれるのかと被害者はとても心配になってしまいます。
無免許だった場合にはまず加害者がどのような形であれ加入している任意保険から保障を受けるのは難しくなってしまいますので、例えば車を所持していて、車の所持人が加害者本人であれば、加害者との話し合いにより直接的な弁済をしてもらうしか方法はありません。

このような場合には、加害者本人が何とかして弁済から逃れようとするため、早いうちに弁護士を立てて加害者が逃げないようにしましょう。
もちろん、交通事故が起きた段階で警察を呼ぶことはとても重要になりますが、どんな形であれ加害者の居場所をつきとめたりすることができるようにするためにも、弁護士に相談することが大切になります。

弁護士を立てて弁済について話し合いを進めることで、加害者側としても逃げることはできず、万が一にでも逃げるようなことがあればここでもやはり弁護士さんの力を借りながら逃げた先をつきとめてしっかり弁済が終わるまで支払を続けてもらうこともできる可能性が高まります。

加害車両が盗難車だった場合

上記のケースでは、加害車両が加害者ご本人の持ち物ということになりますから、何らかの形で事故当時に無免許だったということがわかりますが、加害者やそのものが盗難車であり、なおかつ無免許だったという場合にはどのような形で車を盗難したのかについてをまずは判断することになります。
盗難された車の持ち主としてもう1人の被害者となりますが、盗難されてしまった状況で車の持ち主にも過失があると判断されるケースがあります。
例えばコンビニやスーパーなどでキーをつけたままエンジンをかけっぱなしで車を放置していたのであれば、車の持ち主にも過失があるということになり、被害者への保障問題についてはもともとの車の持ち主が行わなくてはならないというケースもあります。

もちろんこのようなケースでは、車を盗まれてしまったご本人としてはとても不幸な災難を背負ってしまうことになりますが、自分の車を管理するといった部分で管理責任を怠っていたので、被害者に対しての保障を行わなくてはなりません。
被害者にしてみればこのような部分から先方による保障が受けられるのは非常に大きなメリットといえるでしょう。
ただしこの場合であっても警察からは先方への請求などは行えませんので、やはり弁護士を活用して車の持ち主がしっかりと責任を認めて支払をしてくれるように話し合っていく必要があります。

このようなケースでは車を盗んで運転していた無免許の加害者本人は何の責任もないかといえばそうではありませんから、当然ながら車を盗まれてしまった人と実際に車を盗んだ加害者での話し合いが行われ、2人の間でどのように被害者に対しての保障をするかが最終的に決まります。

運転していた者が未成年だった場合

無免許にも様々な理由がありますが加害者が未成年だったという場合には多くの場合で車両の所持者は親になりますから、車の所持者が親として運行供用者責任を果たさなくてはなりません。
車の持ち主というのは車を運転させる人間に対しての責任を負う必要がありますから、未成年で、なおかつ無免許での走行中に交通事故の加害者になった際にはその保護者が被害者に対しての弁済を行うことになっています。
ただしこのようなケースでは保護者が加入している生命保険は使用することはできませんから、やはり個人的な話し合いになってしまいスムーズに話をしていくためには、弁護士さんの力が必要といえるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ